研究紹介(Introduction research)

研究室紹介

 本研究室では、伝熱学をベースに熱伝達、生体伝熱、そして熱物性に関する数値解析的・実験的基礎研究を行っています。現在特に注目している研究は、ナノフルードによる熱伝達促進、生体内の近赤外光伝播シュミレーションおよび形状記憶ゲルの熱三定数測定です。ナノフルードに関する数値解析的研究では、これまでに自然対流と強制対流における熱伝達特性を定性的に明らかにしてきました。今後は、実験によって本特性を定量的に明らかにしていきます。そして、この知見をもとに研究室一丸となって省エネルギー融雪システムの開発を目指します。
 研究室のキャッチフレーズは「情熱対流」です。この言葉を胸に、こってり奥深い豚骨魂とピリリと辛い明太子魂で新しい知見を見出し、米沢から世界に向けて研究成果を発信していきます。